アクセスカウンター


*「たまごかけご飯 専用カトラリー」販売ページ



たまごかけご飯 専用カトラリー

・ここでは、たまご博物館館長が考案、作製(手作り)した「たまごかけご飯 専用カトラリー」の販売について掲載しています。
・このページの最後の項に「購入方法」を掲載しています。(*2021.07.03追加【特許庁 実用新案登録番号:第3234845号
*業界紙での紹介記事は、こちらをご覧ください。


【たまごかけご飯 専用カトラリー】





この度、「たまご博物館」館長の高木が考案しました
「たまごかけご飯 専用カトラリー」です。

スプーンの片側に、たまごを混ぜるための「ギザ部」
を設けました。

ギザ部でお好みの加減に、たまごを撹拌して(混ぜて)
いただき、そのままスプーン(匙)として食べていただけ
ます。



「たまごかけご飯 専用カトラリー」の特長

・「たまご博物館」館長による「手作り」です。
     *ベースに市販の木製スプーンを用い、「ギザ部」を手で加工しています。
・天然木製で、加工後にクルミオイル(くるみ油)でコーティング仕上げしています。
     *「クルミオイル」は、木材の表面保護に使われる乾燥油で胡桃(くるみ)の実から採れる油です。
・全長は約16cmで色は、ホワイト系(木の色)、ブラウン系(茶色)があります。

使用方法・説明

・「ギザ部」:生たまごを撹拌(まぜる)するための部分です。
        右利き用はサジの左側に、左利き用はサジの右側にあります。
・「サジ部」:たまごかけご飯を食べる(すくう)部分です。

使用上の注意事項など

・洗浄後は、よく水を切り、自然乾燥させてください。(食器乾燥機での乾燥は、お控えください)
・万一、通常の使用、洗浄でギザ部が欠けた場合などは、メールでご連絡くだされば代品を送付いたします。




「たまごかけご飯 専用カトラリー」の写真・説明





「たまごかけご飯 専用カトラリー」のアップ写真です。

さじ(匙)の片側に生たまごを混ぜるためのギザ部が
あります。
ギザ部は、右利き用と左利き用で場所が反対側にな
っています。
(この写真は、右利き用)

左側がブラウン系の色、右側がホワイト系の色です。







「たまごかけご飯 専用カトラリー」のギザ部のアップ
写真です。

作製(加工)後に表面保護のため、クルミオイルを塗
布しています。
*「クルミオイル」は、胡桃(くるみ)の実から採れる
油です。








下に写っているのが「右利き用」、上に写って
いるのが「左利き用」です。

この写真は、ブラウン系の色のものです。








「右利き用」(下)と「左利き用」(上)のギザ部の
アップ写真です。

ギザ部で生たまごを混ぜます。








送付時には、ギザ部に保護用クッション材を巻きます。

柄の部分には、たまご型の焼印を施しています。
(2022年3月送付分から)



ご購入いただける方へ:購入方法のご案内

【販売価格等について】

・「たまごかけご飯 専用カトラリー」は、1本 250円で販売いたします。
・カトラリー料金に郵送料(1本の場合は120円)を加算して請求させていただきます。


【お申込み方法】

・「たまご博物館」宛のメールでお願いします。
    メールアドレス:takakis@yahoo.co.jp

・メールの件名を「カトラリー購入」としてください。
・メール本文に以下の項目を記述してください。
    1.ご希望の本数
    2.右利き用/左利き用のどちらか
    3.色のご希望:ホワイト系(木の色)/ブラウン系(茶色)のどちらか
    4.送付先の住所(郵便番号、住所、氏名)


【カトラリーの送付について】

・郵送でお届けします。
・郵送料金については、下記のとおりです。
    1~2本:120円
    3~5本:140円
    5~7本:250円
    8本以上:実費で請求

・カトラリー代金と郵送料の合計額でご請求(ご請求書を商品と同梱)します。
・品物を受け取られましたら、同封しております返信用封筒で、ご請求金額を郵便切手で送付してください。


【その他】

・ご不明な点などがございましたら、上記のメールアドレス宛にお問い合わせください。


2022.07.23現在の注文数(受注実績)
右利き用 左利き用
564 43
2022.01.07現在の注文数(受注実績)
右利き用 左利き用
235 10
2021.10.10現在の注文数(受注実績) 
 右利き用 左利き用 
79 4 






前のページに戻る