経済学コーナー



たまごの規格


区分 ラベル色 基 準
LL LLラベル パック中の鶏卵1個の重量が70g以上、76g未満であるもの
Lラベル パック中の鶏卵1個の重量が64g以上、70g未満であるもの
Mラベル パック中の鶏卵1個の重量が58g以上、64g未満であるもの
MS MSラベル パック中の鶏卵1個の重量が52g以上、58g未満であるもの
Sラベル パック中の鶏卵1個の重量が46g以上、52g未満であるもの
SS SSラベル パック中の鶏卵1個の重量が40g以上、46g未満であるもの


たまごのサイズの選び方

・たまごの大きさは、鶏の種類や季節等のよっても違うが、鶏の年齢による影響が大きい。若い鶏は小さなたまごを産むし、採卵期間の終わり頃の鶏は大きなたまごを産む。
・市販されているパック詰めのたまごは、重量により、LL、L、M、MS、S、SSの6種類に分類されている。しかし、たまご自体の大きさと卵黄の大きさは比例しない。たまごが大きくても小さくても、卵黄の重量はほとんど一定である。
よって、卵白だけを使う場合や、ほぐして使う場合にはLサイズを用い、卵黄だけを使うときには小粒のたまごを選ぶと良い。


たまごの価格と流通

・たまごの価格は、夏場に下がり、秋冬に上がるのが一般的になっています。
これは人間の食欲が夏場は減り、秋冬に増すので、この需要と供給の関係と言われています。しかし、実際のたまごの価格の変化は、生産者の資金需要や季節の行事による需要と供給の関系もあり、複雑なものとなっています。
・たまごの価格変動は、ある一定の周期を持っていると言われており、これを「エッグサイクル」と呼んでいます。
*「エッグ サイクル」に関しては、こちらをご覧ください。
*鶏卵の「価格の安定制度」については、こちらをご覧ください。


*月別の鶏卵価格推移(全農東京市場Mサイズで単位は円/Kg)


・「たまごの相場」は、どこで決まるのでしょうか。
日本経済新聞の朝刊に「商品相場」欄があります。この欄に日曜と月曜および祝祭日の翌日を除いた毎日、鶏卵の相場が掲載されています。
・このように日々変化する「鶏卵価格」(卵価)は、どのように形成されているかというと、各地にある鶏卵荷受機関(鶏卵問屋、鶏卵市場)が、それぞれの市場の需給動向をみて発表する相場(卵価)を基準に取引されています。
この点は、魚市場や青果物市場などで見受けられる「現物」(実際の取引商品)を前にしたセリや相対取引による相場形成とは異なっています。
・上記の価格を基準にして「加工、小売業者」と「生産、集荷業者」の間で取引が行われています。
・代表的な荷受機関としては、以下に示した「日本経済新聞の商品取引」欄に記載されている「全農」(全国農業協同組合連合会)系列の各荷受機関(東京、横浜、名古屋、福岡)と民間の鶏卵問屋である「東洋キトクフーズ」(旧:東洋鶏卵)、「東京鶏卵」、「神奈川鶏卵」、「大阪鶏卵」などがあります。
前者を「系統」(農協系)、後者を「商系」(商社系)と呼んでいます。


*ここに掲載しているのは、平成9年9月5日(金)の日本経済新聞に発表された相場です。
4日・木 (1キロ、円、消費税抜き)

鶏卵相場


・たまごの流通経路は2通りあります。この流通経路と価格の関係を以下に示します。
流通経路 価格の基準 備 考
生産者と消費者または生産者と
小売店・加工業者が直結してい
る場合。
(一般に「産直」といわれている)

原則として、新聞発表相場を
基準にしている。
大手スーパーや大規模な
加工業者の大部分が、こ
れにあたる。
生産者が荷受け業者(いわゆる
卸し業者)を経由して販売する場
合。
荷受け業者は、前日入荷した
卵の在庫の量と当日入荷量、
当日販売量を考えて在庫見通
しを予測する。
当日の在庫量が前日の在庫量
より、かなり増えるようであれば
相場価格を下げざるを得なくな
り、逆に在庫量が大きく減る見
通しのときは、相場価格を上げ
ることになる。

上記以外。


・近年、たまごは先物市場へも進出しています。
先物市場で形成される「卵価」は、各方面で注目されています。
*名古屋市に「中部商品取引所」という商品先物市場が開設されており、ここでは平成11年11月1日より「鶏卵」の先物取引が開始されました。
・この「鶏卵先物」における取引要綱が平成14年9月限以降変更になりました。新取引要綱については、こちらに掲載しています。
中部商品取引所 「鶏卵」先物取引 (平成14年8月限まで)
立会時刻 前場 第1節10:00 第2節11:15
後場 第1節14:00 第2節15:20
上場商品名 畜産物(鶏卵)
取引の方法 現金決済先物取引 (*表の下の説明を参照)
取引商品の価格 月平均鶏卵清算価格
取引仕法 板寄せ
月平均鶏卵価格の公表 11:15
取引期限 連続6限月制
呼値の単位 10銭
取引単位 約定価格×10,000
納会日 月末最終営業日 (ただし、12月は理事会が別に定める日)
最終清算価格 月平均鶏卵清算価格 [納会日の月平均鶏卵価格(経過)]
決済方法 (1) 反対売買
(2) 納会日の前場 第1節までに反対売買しなかった建玉は
納会日に最終清算価格により差金決済


・鶏卵に適用される「現金決済先物取引」とは、売買の当事者が商品についてあらかじめ約定する価格(約定価格)と、将来の一定の時期における現実の当該商品の価格に差に基づいて算出される金銭の授受を約束する取引であり、「現物先物取引」との大きな相違点は、反対売買による決済だけで、商品の受け渡しによる決済を行わないことにある。
・このように、「現金決済先物取引」は、現物の受け渡しに伴う商品の離合集散や鮮度の劣化、銘柄、荷姿などの定型化などを回避することができるのが特徴です。
*鶏卵先物取引を行っている中部商品取引所の立会風景については、こちらをご覧ください。
*「中部商品取引所」における先物取引の詳細について、こちらのページで解説しています。(2001.07.21追加)
*卵業、養鶏業、鶏肉関連、食品業界に関する最近の主なニュースについては、こちらをご覧ください。


たまごの価格の推移

・たまごの価格は、10年間でどのように変わっているのでしょうか。過去15年間(昭和63年〜平成14年)の鶏卵の価格推移を以下に示します。(全農東京市場Mサイズ)
*最新の鶏卵価格に関するデータについては、こちらの「鶏卵統計室」をご覧ください。



・昭和29年から昭和62年までの鶏卵価格(年平均価格)を下表に示します。(全農東京市場Mサイズで単位は円/Kg)
*この価格の詳細(月別価格の推移)については、こちらの「昭和29年〜昭和62年までの月別卵価格」をご覧ください。(2003.12.22追加)
昭和29年 昭和30年 昭和31年 昭和32年 昭和33年 昭和34年 昭和35年 昭和36年 昭和37年 昭和38年
平均価格(円/Kg) 217 205 227 212 200 205 198 194 196 206


昭和39年 昭和40年 昭和41年 昭和42年 昭和43年 昭和44年 昭和45年 昭和46年 昭和47年 昭和48年
平均価格(円/Kg) 184 191 206 194 201 191 194 189 200 218


昭和49年 昭和50年 昭和51年 昭和52年 昭和53年 昭和54年 昭和55年 昭和56年 昭和57年 昭和58年
平均価格(円/Kg) 282 304 279 304 248 248 305 342 272 250


昭和59年 昭和60年 昭和61年 昭和62年
平均価格(円/Kg) 260 271 279 174


*昭和63年〜平成19年の「年平均価格」は、上記の棒グラフをご覧ください。


平成20年 平成21年 平成22年 平成23年 平成24年 平成25年
平均価格(円/Kg) 194 175 187 196 179 194


*鶏卵価格に関連する主な出来事を以下に示します。上表の価格の変動と比較しながら見てください。
主な出来事
昭和35年 養鶏振興法成立
昭和37年 ヒナ自由化
昭和38年 外国鶏が続々日本上陸
昭和39年 鶏卵価格大暴落
昭和40年 鶏卵安定基金設立
昭和49年 オイルショック
飼料価格暴騰
昭和50年 飼料価格安定基金設立
昭和51年 鶏卵生産調整を強化
平成15年 鶏卵価格大暴落(生産過剰による)
昭和29年の統計とり始め以来の最低価格
平成16年 日本国内で79年ぶりの鳥インフルエンザ発生



*大正12年に発生した関東大震災の新聞記事(たまごの価格記事)を、こちらでご覧いただけます。



たまごの品質規格

・鶏卵の個体(1個1個のたまごのこと)の品質区分は、「外観検査」、「透光検査」、「割卵検査」した場合の鶏卵の各部分の状態によって、4つに区分している。
・これは、鶏卵の規格として、昭和40年2月に農林水産省が制定した「鶏卵の取引規格」で、農林事務次官通達として出されており、鶏卵業界の取引に関する指導基準となっている。下記の品質に関する規格は、この通達の別紙「鶏卵の取引規格」の一部を抜粋したものである。
・通常は、「外観検査及び透光検査」によるものとし、中段の「透光検査」、「割卵検査」は、先の方法で判断し難い場合に行うものとしている。(*99.04.21追加)
*以下に農林水産事務次官通達の「鶏卵の規格規格」を示します。(ここに示しているものは、平成12年12月1日付で農林水産省より示された「鶏卵規格取引要綱」の改訂前のものです)
*平成12年12月1日付で農林水産省より示された改定後の「鶏卵規格取引要綱」については、こちらに掲載しています。


等 級

事 項
特 級 1 級 2 級 級 外
外観検査
及び
透光検査
した場合
卵 殻 清浄、無傷、正常
なもの
大体清浄、無傷、わず
かに異常のあるもの
わずかな汚染、無傷、
異常のあるもの
卵殻に傷のあるもの、
著しく汚染しているも
の、形状組織の著しく
悪いもの
透光検査
した場合
卵 黄 中心に位置し、
輪郭がわずかに
見られ、欠点の
ないもの
大体中心に位置し、輪
郭が大体明瞭で、わず
かに欠点があり、やや
拡大し、偏平になって
いるもの
相当中心をはずれ、
平面様に見え、かな
り拡大し、偏平であっ
て若干の欠点がある
もの
卵黄、卵白に異常ある
もの、血塊、その他の
異物を含むもの、やや
臭気のあるもの
卵 白 透明で堅いもの 透明であるが、やや
軟弱なもの
軟弱で液状を呈する
もの
気 室 深さ4ミリメートル
以内で、ほとんど
一定しているもの
深さ8ミリメートル以内
で、若干移動するもの
深さ8ミリメートル以上
で、気泡を含み、大き
く移動するもの
割卵検査
した場合
拡 散
面 積
小さなもの 普通のもの かなり広いもの
卵 黄 円く盛り上がって
いるもの
やや偏平なもの 偏平なもの
濃 厚
卵 白
大量を占め、盛り
上がり、卵黄をよ
く囲んでいるもの
少量で、偏平になって
いるもの
ほとんどないもの
水 様
卵 白
少量のもの 普通量のもの 大量を占めるもの



エッグサイクルとは

・たまごの価格の変動は、色々な要因が重なり合って起こります。しかし、価格変動がある一定の周期を持っていると言われており、これを「エッグサイクル」と呼んでいます。
・この「エッグサイクル」(たまごの価格変動の周期)には、一般的に「中期のサイクル」と「短期のサイクル」があると言われています。中期は約5年サイクルで、短期は1年のサイクルです。以下に、このようなサイクル(周期)が起こる要因について解説します。

(1) 中期サイクル発生の要因

・鶏卵の生産者の資金需要に応じて、このサイクルが発生するものと見られています。
価 格 サイクル 要 因
高値期 1年目 生産者による過去の赤字補填の実施
2年目 生産者の設備投資が行われる
価格下落期 3年目 鶏卵の生産増により、相場が下落する
4年目 相場下落による生産者の赤字
価格上昇期 5年目 生産者が資金不足から減産体制に入り、このため、翌年から相場が回復し、1年目のサイクルに戻る



(2) 短期サイクル発生の要因

・たまごの需要と供給のバランスから、このサイクルが発生するものと見られています。
時 期 相場状況
1〜3月 相場上昇
4〜6月 相場下落
7〜8月半(お盆近くまで) 最低相場
9月 最高値
10〜11月 やや下げて中だるみ
12月 相場上昇
年初 相場暴落


・上記の短期サイクルの発生要因と思われる需要と供給面について、次のようなものが推測されます。

@ 供給面からの要因
・減産時期 : 夏の暑さによる減産(8〜9月)、鶏も暑くて水ばかり飲んで、エサが食べられなくなる。冬の寒さによる減産(1〜2月)、エサのエネルギーが鶏の体力維持に使われる。
・増産時期 : 春、秋の天候回復による産卵回復(4〜5月、10〜11月)

A 需要面からの要因
・夏場は、品痛みの懸念(例:そば屋の生卵等)から消費減のため、需要減退。
・冬場は、「おでん」や「すきやき」用を含め、需要増加。
・また、その他の細かな要因としては、春、秋:行楽時の弁当需要(仕出し弁当を含め)により需要増大。夏:夏休みに入り帰省、旅行により首都圏の人口が減少するため、荷動きが悪くなり需要減退。また、学校給食の停止(休み)による需要減退。12月:クリスマスケーキ用の液卵需要増大。
・他に、最近は、マクドナルドが年2〜3回実施している「月見バーガー」、「てりたまバーガー」セールに伴う、鶏卵需要(特に小玉)も相場に影響している。


季節による「たまごの価格変動要因」について
・たまご(鶏卵)の価格は、上記(2)の「短期サイクル発生の要因」の項で示したように、季節的に変動します。ここでは、たまごの「季節的な価格変動要因」について見ていきます。(*2002.08.11追加:中部商品取引所発行の「投資日報」より引用)
・たまごの価格は「物価の優等生」と称されていますが、その「卸売価格」はダイナミックな動きをしています。すなわち、約5年毎に発生する「中期のエッグサイクル」という大きな波があるうえに、1年の中でも高値を出す時期と、安値を出す時期があり(短期のエッグサイクル)、高値から安値までの差額が年によって80〜100円に達するケースもあります。以下に1年間のたまごの価格変動要因について示します。


1年間のたまごの価格の変動要因
1〜3月は「価格上昇期」
1月 1月早々のたまごの価格は、夏場に次いで低い水準となるケースが多い。
これは、たまごの現物市場が年末から年始にかけて休みとなり、生産地に積み上がった在庫が
年明けに一気に流れ込み、需給が大幅に緩和するためである。
しかし、下旬に入ると在庫も減少し、価格は回復に向かう。
2月 2月に入ると寒さが一段と厳しくなり、産卵率が低下するほか、降雪の影響(輸送事情など)等
で需給が引き締まり、年末に次ぐ高値を出すケースが多い。
3月 3月は徐々に気温が上がり、産卵率もこれにつれて上昇し、生産量が増えてくるが、需要面に
これといった増加要因がないため、価格は月末に向けて軟化しやすい。
4〜5月は「連休次第」
4月 4月の価格は、比較的緩やかに推移する。
気候が暖かくなり、産卵率も高水準になるが、一方で春の行楽シーズン用の消費が盛り上がる
ため、需給事情に大きな変化はない。
5月 5月はゴールデンウィークで鶏卵の現物市場の休みが続き、生産地の在庫が増える。さらに学
校給食が休みになる上、近年は海外へ出かける人が多いため、一時的に需要のバランスが崩
れ、価格が低迷する時期となる。
6〜8月は「消費がダウン」
6月 6月は梅雨入りなどで、たまごの「生食」を控える傾向が強くなることから、業務用消費(外食産
業)、家計消費を中心に需要が減少し、低価格が続く。
7月 7月は一年間のうちで価格が最も低い時期になる。
暑さが増して人々の食欲が減退し、たまごの消費も一段と落ち込むためである。さらに下旬か
らは、学校の夏休みで給食がなくなることも大きく影響する。
8月 8月も7月と同様の理由で価格は低迷を続ける。
この時期は、鶏も「夏バテ」気味となり、産卵率も落ち込むが、それ以上に需要が減退するため
低価格となる。しかし、旧盆明け頃から夏休み明けの手当て(現物の手配)が始まり、価格が
上昇しやすい。
9〜10月は「一時的に高値も」
9月 9月は、学校給食の再開と秋の行楽シーズンで需要が伸び、価格が上昇に転じる。
特に最近はこの時期に、大手外食店による、たまごを使用した「期間限定メニュー」が定着して
おり、一時的ながら「品薄」となるケースもある。
また、残暑が厳しいと、通常なら上昇する産卵率が低調のままとなり、「需給ひっ迫」に陥るケー
スもある。
さらに、台風の発生により、地域的に供給不足となることもある。(運送等の影響)
10月 10月は、秋本番入りでスポーツイベントなどにより、需要は比較的好調に推移するが、「食欲の
秋」は鶏にも当てはまるようで、餌(エサ)の摂取量が増加して、産卵率も向上する。
このため、価格は若干下落するケースが多い。
11〜12月は「需要最盛期」
11月 11月は加工業者などが12月のクリスマスケーキ用に、たまごの手当て(現物の手配)を始め
るため、徐々に需要が増加する。
価格は当然のごとく上昇する傾向にある。
12月 12月は一年間の中で価格が最も高くなる時期である。例年、夏場の低卵価期と比べ50〜60
%程度割高になる。
この時期は、クリスマスケーキ用や鍋物に入れる練り製品用、お正月のおせち料理用として、
たまごの需要が盛んとなり、一気に現物需給がひっ迫して価格が急騰する習性がある。




賞味期限表示について

・平成11年11月1日から、たまごのパック等への「賞味期限表示」が法律(食品衛生法)により義務付けられることとなりました。
・この表示は、あくまで生(ナマ)でたまごが食べられる期限を示しています。賞味期間が過ぎたものでも、加熱処理をすれば安心して食べることができます。たまごを使用する際に確認するよう呼びかけられています。
・たまごへの「賞味期限表示」の表示例と各項目の説明等を以下に示します。
*「賞味期限表示」の実例について、こちらに画像(写真)で紹介しています。
*また、最新式の「インクジェット方式」のマシンを、こちらでご覧いただけます。
*平成12年7月1日から「生鮮食品」に、平成13年4月1日から「加工食品、玄米、精米」に義務付けられた品質表示である「改正JAS法」に関しては、こちらで解説しています。
*平成12年12月1日付で農林水産省より示された「鶏卵規格取引要綱」の改訂により、新たにラベルへの「原産地」などの表示項目が追加されました。最新の「鶏卵規格取引要綱」については、こちらをご覧ください。



(1) 賞味期限表示の必要性

・なぜ、賞味期限表示が必要となったのでしょうか。「賞味期限」は、たまごをより安全に食べるための大切なポイントです。
食中毒発生の報道等により、食品の安全性に対する関心が高まり、様々な食品への表示が牛乳のように「製造年月日」から「賞味期限表示」に移行しています。賞味期限を明確にすることにより、消費者は安心してそれを食べることができます。
・「賞味期限」は、たまごを安心して生食できる期限を表示したものです。合わせて、保存方法と使用方法を記載しています。
・たまごには、「リゾチーム」という殺菌力のある酵素や「卵黄膜」というバリアーがあり、菌の増殖を防いでいます。賞味期限表示は、正しい冷蔵保存によって「サルモネラ菌」が増殖しない期限を示す安全表示になっています。
(2) 賞味期限表示の見方

・表示は上図に示すように「包装場所」、「賞味期限」、「保存方法」、「使用方法」がワンセットになっています。
この表示は、産卵されたたまごを洗卵、検卵、選別、包装、出荷する「GPセンター」が責任をもって行い、パック詰め(パック卵)、箱詰め(箱玉)など「容器包装される殻付卵」の全てに、この表示が適用されます。
・「包装場所」は、パッキングを行ったGPセンター等の所在地を表示しています。「賞味期限」は、購入後に冷蔵保存されることを前提として、安全に生で食べることができる期限を示しています。「保存方法」は、必ず10℃以下で冷蔵保存することを明示しています。また、「使用方法」では、賞味期限後は、充分に加熱調理して食べることを明示しています。
・上図の左側の「規格」表示については、従来通り「農林水産省規格」に従ったサイズ区分等について記載しています。
(3) 賞味期限の期間

・賞味期限の期間は、「サルモネラ菌」の増殖が起こらない期間をベースに決められています。
サルモネラ菌の増殖が起こらない期間は、たまごの「保存温度」によって決まります。その期間は、イギリスのハンフリー博士の研究に基づいて算出されたものであり、菌の温度による増殖速度の違いから、夏は短く冬は長くなります。賞味期限は、この期間に家庭における冷蔵保存の「7日間」を加えたものです。
・上記の「7日間」の設定根拠は、現在、家庭で消費されているたまごは、1人あたり年間約175個であり、一般的に1家族3人と仮定して、1パック10個のたまごが約7日間で消費されることを基礎にしています。
・(社)日本卵業協会などの指導では、賞味期限の期間を次のように設定しています。(あくまでも基準であり、期限設定については生産者およびGPセンターが行うが、問屋業者を含めて協議することとしています:業界誌「繁栄する養鶏」平成10年6月号より)
賞味期限設定の目安
季節 該当の月 期限設定
夏期 7月、8月、9月 集卵日から最大17日以内
春、秋 4月、5月、6月、10月、11月 集卵日から最大27日以内
冬季 12月、1月、2月、3月 集卵日から最大50日以内


*たまごの「賞味期限」(生食期限)の設定根拠については、こちらで解説しています。


*たまごの殻に直接「賞味期限のインクジェット印字」を行うマシンについて、こちらに掲載しています。




鶏卵生産者経営安定対策について


・この項では、平成23年度より農水省が鶏卵生産者経営安定対策事業として開始した「成鶏更新/空舎延長事業」と従来から実施されている「鶏卵価格差補てん事業」について解説しています。(*2014.01.30に追記)
.
・鶏卵生産者の経営を支援する制度として、平成23年度より「鶏卵生産者経営安定対策事業」がスタートしました。この制度は、平成22年度まで行われてきた「鶏卵価格差補てん事業」(鶏卵基金)と「成鶏更新/空舎延長事業」を組み合わせたものです。
・これにより、卵価(鶏卵の取引価格)が低落した際に「価格差補てん」を行うとともに、さらに低落した場合、成鶏の更新(養鶏場における鶏の入れ替え)に合わせて長期の空舎期間(鶏舎の中を空にする期間のこと)を設け、生産羽数の特性を通じて需給改善を推進することにより、鶏卵生産者の経営と鶏卵価格の安定を図ることを目的としています。


経営安定対策のポイント
鶏卵価格が低落した場合に価格差補てんを行うとともに、更に低落した場合、成鶏の更新に併せて長期の空舎期間を設けることによる
需給改善を推進し、採卵養鶏経営の安定を図る。
背景と課題
鶏卵の需給・価格は季節的に変動することに加え、生産構造上、供給過剰を起こしやすい状況にある。このため消費減退等の経営環境
の変化を踏まえ、鶏卵の価格差補てんと併せて卵価低迷時には抑制的な生産への誘導を行い、鶏卵生産者の経営と鶏卵価格の安定
を図る必要がある。
.
.
経営安定対策事業の主な内容
1.鶏卵価格差補てん事業
鶏卵の標準取引価格(月毎)が補てん基準価格を下回った場合、その差額(補てん基準価格と安定基準価格の差額を上限とする。)の
9割を補てんする。
.
2.成鶏更新/空舎延長事業
鶏卵の標準取引価格(日毎)が通常の季節変動を超えて大幅に下落した場合は、成鶏の更新に併せて長期の空舎期間を設ける取組
に対し、成鶏1羽当たり150円以内(鶏舎収容可能羽数10万羽以上の生産者:大規模生産者)、または200円以内(鶏舎収容可能羽
数10万羽未満の生産者:中小規模生産者)の奨励金を交付する。

(補助率:1/4以内、定額事業実施主体:民間団体)



・「鶏卵価格差補てん事業」における補てんイメージを下記に示します。(*タマリエ検定公式テキストより)




・平成23年度は、補てん基準価格183円、安定基準価格156円と定められました。よって、月々の標準取引価格が183円を下回ると「鶏卵価格差補てん事業」が発動され、「補てん基準価格との差額の9割が補てん」されます。
・また、156円を下回った場合には、鶏卵価格差補てん事業が中断されて「成鶏更新/空舎延長事業」へ移行し、対象となる期間に鶏を淘汰または出荷して「60日以上の空舎期間を設けた生産者には奨励金が交付」されます。


奨励金の単価(1羽当り)
大規模生産者 (飼養羽数:10万羽以上) 150円/羽
中小規模生産者 (飼養羽数:10万羽未満) 200円/羽


・「鶏卵価格差補てん事業」(鶏卵基金)と「成鶏更新/空舎延長事業」に係る積立金、補てん金、奨励金の流れを下図に示します。






たまごの価格の安定制度【従前】

・たまごの「価格形成」については、「たまごの価格と流通」の項で述べたような需給バランスに基づくものの他に、国内生産者の保護および鶏卵の価格安定を図るために、行政による価格変動に対する施策が講じられています。
・根幹を成す施策としては、「価格補てん制度」と「需給調整制度」の2つがあります。
・前者の「価格補てん制度」としては、「卵価安定基金制度」と「配合飼料価格安定基金制度」があります。両制度とも生産者および関係団体が一定額を積み立て、これに国が出資して基金を構成しています。毎年、「基準価格」(卵価安定基金基準金額)を定め、実際の卵価が基準価格を下回った場合、その差額を基金から支給し、収入を補てんすることで生産者の経営基盤の安定化を図っています。
・後者の「需給調整制度」としては、生産段階では「生産調整」、集荷段階では「調整保管」、卸売段階では「(株)全国液卵公社」があります。
それぞれの需給調整の方法について、下表に示します。


需給調整制度
適用段階 適用制度 需給調整の方法 管理元
生産段階 生産調整 行政指導により国内の飼養羽数(鶏を飼う数)を制限する制度で、
農林水産省局長通達に基づいて、全国および各都道府県別の総
飼養羽数を定め、この枠内で生産が行われるよう指導している
行政 【*注】
集荷段階 調整保管 不需要期(消費が少ない時期)に鶏卵価格の暴落を防止するため
に、鶏卵を一時的に市場から隔離して需給バランスをとり、鶏卵価
格の安定を図る制度である
そして、需要期には市場へ放出し、逆に価格の高騰を防止する目
的も合せもっている
畜産振興事業団
卸売段階 (株)全国液卵公社 (株)全国液卵公社


【*注】行政による「生産調整」は、2004年4月に廃止となりました。今後は、同年1月21日に設立された「日本鶏卵生産者協会」(JEPA)を中心とした生産者(業界)による自主調整が行われることになります。
.
*「調整保管」は、殻付き卵の状態で行われる。しかし、鶏卵の長期保管は技術的に難しく、また、生鮮食品として鮮度が重視されることからも保管数量面での制約がある。このため、保管した鶏卵を割卵し、加工用として凍結保管することも併行して行われているのである。
*凍結卵の詳細については、こちらの「加工学コーナー」をご覧ください。
.
*「卵価安定基金制度」による補てん単価の実績については、こちらの「卵価安定制度の補てん価格」をご覧ください。(*2004.02.04追加)




世界5都市との食品価格差


(1) 1999年11月調査値
・以下に世界5都市と日本の食料品の価格差について示します。この調査は農水省が一般小売店で販売されている「共通食品」29品目を対象に1999年11月時点で比較したもので、東京を100とした指数で表している。
・本調査により、東京の食料品小売価格は、ニューヨークやロンドン、パリ、ハンブルク(ドイツ)、ジュネーブ(スイス)の欧米5都市に比べて依然高くなっていることが分かる。しかし、その中で、鶏卵、鶏肉(むね肉)は一部の都市を除いて日本の方が割安となっている。
・鶏卵は、調査時に東京が320円(1Kg)で、ニューヨークの234円を除けば、東京での価格が軒並み下回っている。
*下表の値は、1999年11月調査値で、東京を100とした場合の数値を示す。( )内は1998年11月(前回調査)の値である。


主な食料品の内外価格差
品 目 ニューヨーク ロンドン パ リ ハンブルク ジュネーブ
食料品総合 70
(73)
70
(78)
65
(77)
58
(70)
86
(95)
食パン 106 53 81 51 96
さ け 76 93 85 100 186
え び 63 107 53 138 95
牛肉(ロース) 47 52 42 40 74
豚肉(肩肉) 83 81 44 37 101
鶏肉(むね肉) 86 175 99 116 214
牛 乳 51 36 54 32 50
鶏 卵 73 128 123 130 145
キャベツ 81 65 104 36 88
ほうれん草 119 102 49 62 70
レタス 64 62 73 47 76
じゃがいも 48 51 56 24 57
にんじん 68 30 30 25 29
たまねぎ 78 103 102 59 63
トマト 54 33 23 24 30
リンゴ 62 42 37 38 48
バナナ 62 62 50 59 74
マヨネーズ 93 88 90 52 95
日本食品を含めた
場合の内外価格差
84
(89)
95
(110)
90
(119)
90
(105)
114
(124)
*共通品目は、欧米型食生活に使われる食品が中心で、コメやみそなど「日本食品」13品目を含めて比較したところ、食料品の内外価格差はかなり縮小し、東京100に対し、ニューヨーク84、ロンドン95、パリ90、ハンブルク90などとなる。(上表の最下段を参照)


(2) 2001年11月調査値
・以下に農林水産省 総合食料局 物価対策室が2002年7月9日に発表した「東京と海外主要5都市の食料品小売価格調査(内外価格差調査)結果」を示す。(*2002.08.11追加)
・表中の「価格比」は、東京の価格を100とした場合の比率を示す。これによると、東京の鶏肉、鶏卵価格が他の都市に比べて安価なのが分かる。


主要都市における食料品の小売価格調査結果
品 目 単位 東京
(円)
換算価格 (円) 価格比 (東京=100)
ニューヨーク ロンドン ..パ リ.. ハンブルグ ジュネーブ ニューヨーク ロンドン ..パ リ.. ハンブルグ ジュネーブ
食パン 1kg 421 595 161 378 231 439 141 38 90 55 104
小麦粉 1kg 192 152 95 101 68 176 79 50 52 35 92
スパゲティ 300g 150 95 67 59 63 74 64 45 39 42 49
さけ(鮭) 100g 220 190 171 193 170 486 86 78 88 77 221
えび(海老) 100g 313 285 323 176 504 424 91 103 56 161 135
まぐろ缶詰 80g 150 96 44 114 36 51 64 30 76 24 34
牛肉(ロース) 100g 397 206 227 175 177 353 52 57 44 45 89
豚肉(肩肉) 100g 123 117 111 72 49 193 95 91 58 40 157
鶏肉(むね肉) 100g 91 102 165 103 125 220 112 181 113 138 242
ボンレスハム 100g 284 181 147 202 176 218 64 52 71 62 77
牛 乳 1リットル 203 139 86 121 66 116 68 42 60 33 57
鶏 卵 1kg 310 302 444 363 355 475 98 143 117 114 153
キャベツ 1kg 121 181 112 197 54 159 149 92 163 45 131
ほうれんそう 1kg 541 866 925 293 337 664 160 171 54 62 123
レタス 1kg 332 212 207 232 159 398 64 62 70 48 120
マヨネーズ 500g 299 298 283 321 159 351 100 95 107 53 117


・以下に内閣府がとりまとめた「2001年における主要8都市の消費財とサービスに関わる内外価格差結果」を示す。(*2002.08.11追加)
・東京では、鶏卵価格が海外に比べて安価であることが分かる。


品目名 単位 東京 (円) 換算価格 (円)
ニューヨーク ロンドン ..パ リ.. ベルリン ジュネーブ ..香港.. シンガポール
鶏 卵 1kg 310 524 406 373 401 460 435 237
米(ブレンド米) 10kg 3,963 2,083 3,257 3,809 3,087 3,410 2,626 2,042
食パン 1kg 421 536 136 260 227 465 387 263
スパゲティ 300g 150 122 69 70 61 60 105 81
さけ(鮭) 1リットル 220 268 170 139 169 297 307 178
牛乳(店頭売り) 1kg 203 220 91 114 87 109 335 169
たまねぎ 1kg 199 219 123 127 144 153 296 134
オレンジ 1kg 388 271 200 130 150 185 307 205
バナナ 1kg 220 166 189 132 165 202 178 113
グラニュー糖 1kg 272 256 121 148 107 100 152 71
紅 茶 25袋 292 206 95 155 167 123 204 155
コーラ 1本 141 138 120 87 70 96 98 66
ビール 1缶 204 84 195 121 66 86 79 221


(3) 2005年11月調査値
・以下に農林水産省 総合食料局 物価対策室が2006年9月4日に発表した「東京と海外主要5都市の食料品小売価格調査(内外価格差調査)結果」を示す。(*2006.11.12追加)
・表中の「価格比」は、東京の価格を100とした場合の比率を示す。海外5都市の価格は、1ドル=119円44銭、1ポンド=209円51銭、1ユーロ=141円04銭、1スイスフラン=91円22銭、1シンガポールドル=70円57銭で換算したものである。


主要都市における食料品の小売価格調査結果(平成17年11月時点)
品 目 単位 東京
(円)
換算価格 (円) 価格比 (東京=100)
ニューヨーク ロンドン ..パ リ.. ジュネーブ シンガポール ニューヨーク ロンドン ..パ リ.. ジュネーブ シンガポール
食パン 1kg 411 690 199 395 456 236 168 48 96 111 57
小麦粉 1kg 192 186 116 192 149 103 97 60 100 78 54
スパゲティ 300g 154 104 91 98 82 89 68 59 64 53 58
さけ(鮭) 100g 216 228 218 365 337 176 105 101 169 156 81
えび(海老) 100g 258 302 436 374 389 126 117 169 145 151 49
まぐろ缶詰 80g 159 83 72 150 64 50 52 45 94 40 32
牛肉(ロース) 100g 398 248 265 294 560 253 62 67 74 141 63
豚肉(肩肉) 100g 157 131 119 128 363 89 83 75 82 231 57
鶏肉(むね肉) 100g 119 116 190 239 351 73 97 159 201 295 61
ボンレスハム 100g 292 196 239 314 272 141 67 82 107 93 48
牛 乳 1リットル 182 164 115 146 135 189 90 63 80 74 104
鶏 卵 Lサイズ
10個入
217 202 318 410 425 268 93 146 189 196 124
キャベツ 1kg 134 228 138 150 240 85 170 103 112 179 63
ほうれんそう 1kg 701 1,640 789 322 800 452 234 113 46 114 64
レタス 1kg 420 357 327 317 373 219 85 78 76 89 52
マヨネーズ 500g 299 298 283 321 159 351 100 95 107 53 117
砂 糖 1kg 187 235 153 228 135 101 126 82 122 72 54



鶏卵消費量の年代推移

・以下に鶏卵消費量の年代的な推移(国民1人当りの年間殻付卵消費量の推移)について示す。(*2001.08.18追加)
*資料:「畜産提要」(大正6年〜昭和5年のデータ)、「養鶏の発展過程に関する研究」(昭和10年のデータ)、「畜産年鑑 1957年版」(昭和15年〜30年)、「食料需給表」(昭和35年〜57年)


鶏卵消費量の推移
年 次 国民1人当り年間殻付卵消費量
重量(kg) 個数(個)
大正6年〜10年(平均) 26
大正11年〜15年(平均) 36
昭和5年 43
昭和10年 52
昭和15年 49
昭和20年 10
昭和25年 26
昭和30年 75
昭和35年 7.1 132
昭和40年 13.0 235
昭和45年 16.7 288
昭和50年 15.8 266
昭和55年 16.5 268
昭和56年 16.6 268
昭和57年 16.8 272


・昭和40年代から50年代にかけての「一般物価の推移」(一般物価の価格と鶏卵価格の比較)について、下表に示す。(単位:円)
・表中のカッコ内の数値は、昭和40年を100とした場合の値上がり幅を示す。
*出典:「総理府 家計調査」より


一般物価の価格と鶏卵価格の比較
区 分 昭和40年 昭和45年 昭和50年 昭和55年 昭和57年 備 考
鶏卵(1個) 13
(100)
10
(77)
21
(162)
21
(162)
19
(146)
鶏卵1kgを16.5個
として算出
日本酒(1本) 690
(100)
850
(123)
1,220
(177)
1,570
(228)
1,660
(241)
1級酒1.8リットル
ビール(1本) 116
(100)
133
(115)
177
(153)
245
(211)
278
(240)
大ビン
豆腐(1丁) 24
(100)
29
(121)
60
(250)
70
(292)
73
(304)
塩さけ(100g) 53
(100)
81
(153)
139
(262)
194
(366)
203
(383)
JR(国鉄)運賃
(新橋〜横浜間)
50
(100)
120
(240)
120
(240)
320
(640)
380
(760)
大人運賃
はがき(1枚)
(100)

(140)
10
(200)
20
(400)
40
(800)
新聞購読料(1ヶ月) 580
(100)
750
(129)
1,700
(293)
2,600
(448)
2,600
(448)
朝夕刊セット料金
銭湯入浴料(大人) 28
(100)
35
(125)
100
(357)
195
(696)
240
(857)
東京の料金


鶏卵等の家計消費量

(1) 鶏卵等の家計消費量
・下表に「鶏卵等の家計消費量」について示す。本データは、全国一世帯当たりの支出金額、購入数量について示したもので、非農林漁家世帯の全世帯結果である。(*2003.09.18追加)
*【注】単位 数量:g、金額:円、比率:%(金額については消費税を含む金額である) 資料:総務省統計局「家計調査報告」より(平成13年〜平成14年のデータ)


鶏卵等の家計調査報告
年 次 区 分 購入数量
(g)
前年比
(%)
支出金額
(円)
前年比
(%)
平成13年 鶏 卵 33,701 99.5 8,492 95.1
鶏 肉 11,644 100.5 10,805 101.9
牛 肉 8,205 81.2 21,128 80.8
豚 肉 16,342 101.9 22,133 102.7
平成14年 鶏 卵 32,989 97.9 8,550 100.7
鶏 肉 12,060 103.6 11,404 105.5
牛 肉 7,697 93.8 20,076 95.0
豚 肉 17,007 104.1 23,271 105.1


(2) 鶏卵/鶏肉の家計消費量(推移)
・下表に「鶏卵および鶏肉の家計消費量推移」について示す。本データは、全国一世帯当たりの支出金額、購入数量について示したもので、非農林漁家世帯の全世帯結果である。(*2003.09.18追加、2005.09.25追記)
*【注】単位 数量:g、金額:円、比率:%(金額については消費税を含む金額である) 資料:総務省統計局「家計調査報告」より(平成2年〜平成16年のデータ)


全国一世帯当たり家計消費
世帯人数 鶏 卵 鶏 肉
金額 前年比 数量 前年比 金額 前年比 数量 前年比
平成2年 3.56 10,569 108.6 38,554 94.9 12,221 101.4 12,971 95.6
平成3年 3.57 12,063 114.1 38,914 100.9 12,530 102.5 12,857 99.1
平成4年 3.53 9,471 78.5 39,000 100.2 12,487 99.7 12,814 99.7
平成5年 3.49 9,038 95.4 38,776 99.4 11,800 94.5 12,637 98.6
平成6年 3.47 8,885 98.3 37,223 96.0 11,212 95.0 12,332 97.6
平成7年 3.42 9,073 102.1 36,712 98.6 11,020 98.3 12,165 98.6
平成8年 3.34 9,400 103.6 35,919 97.8 11,322 102.7 12,151 99.9
平成9年 3.34 9,606 102.2 35,802 99.7 11,654 102.9 12,094 99.5
平成10年 3.31 8,850 92.1 34,691 96.9 11,142 95.6 11,625 96.1
平成11年 3.30 9,038 102.1 34,486 99.4 11,044 99.1 11,660 100.3
平成12年 3.24 8,931 98.8 33,880 98.2 10,605 96.0 11,591 99.4
平成13年 3.22 8,493 95.1 33,701 99.5 10,805 101.9 11,644 100.5
平成14年 3.19 8,549 100.7 32,984 97.9 11,405 105.6 12,061 103.6
平成15年 3.21 8,085 94.6 32,745 99.3 10,719 94.0 11,618 96.3
平成16年 3.19 7,912 97.9 30,867 94.3 10,181 95.0 10,944 94.2
平成17年 3.15 8,840 111.7 30,710 99.5 10,728 105.4 11,596 106.0


(3) 一人当たり家計消費の推移
・下表に「鶏卵、鶏肉、牛肉、豚肉の一人当たり家計消費の推移」について示す。本データは、家計調査の1世帯当たり購入数量を世帯人数で除したものである。(*2005.04.26追加)
*【注】単位 購入量:g、比率:%(資料:総務省統計局「家計調査報告」より)


一人当たり家計消費の推移 (単位:g、%)
世帯人数 鶏 卵 鶏 肉 牛 肉 豚 肉
購入量 前年比 購入量 前年比 購入量 前年比 購入量 前年比
平成5年 3.49 11,111 100.6 3,621 99.8 3,372 104.1 4,717 100.5
平成6年 3.47 10.727 96.5 3,554 98.1 3,529 104.7 4,619 97.9
平成7年 3.42 10.735 100.1 3,557 100.1 3,607 102.2 4,675 101.2
平成8年 3.34 10.754 100.2 3,638 102.3 3,275 90.8 4,757 101.8
平成9年 3.34 10.719 99.7 3,621 99.5 3,298 100.7 4,743 99.7
平成10年 3.31 10.481 97.8 3,512 97.0 3,185 96.6 4,798 101.2
平成11年 3.30 10.450 99.7 3,533 100.6 3,151 98.9 4,907 102.3
平成12年 3.24 10.457 100.1 3,577 101.2 3,117 98.9 4,951 100.9
平成13年 3.22 10.466 100.1 3,616 101.1 2,548 81.7 5,075 102.5
平成14年 3.19 10.340 98.8 3,781 104.6 2,412 94.7 5,332 105.1
平成15年 3.21 10.201 98.7 3,619 95.7 2,481 102.9 5,098 95.6
平成16年 3.19 9.676 94.9 3,431 94.8 2,230 89.9 5,434 106.6
平成17年 3.17 9,784 101.0 3,674 108.0 2,289 102.6 5,479 100.8
平成18年 3.16 9,897 101.2 3,793 103.2 . . . .
平成19年 3.14 9,895 100.0 3,942 103.9 . . . .
平成20年 3.13 10,077 101.8 4,045 102.6 . . . .



*たまごに関する様々な統計データについては、こちらの「鶏卵統計室」で詳細に解説しています。





メールの宛先はこちら


博物館の玄関に戻る